Articles in Japanese

浮体式生産システム市場の冷え込みに底打ち感

April 27, 2016

浮体式生産システム新造市場が冷え込んでいることに疑問の余地はない。ここ 12〜18 ヶ月はこの分野にとって試練の時期であった。新規契約が途絶えたことから製造者や機 器サプライヤーは人員や支出を大幅に削減せざるえない状況に陥っている。しかし大水 深生産はいずれ活力を取り戻すだろう。石油需要は伸び続けており、様々な兆候が交錯 してはいるが、回復の兆しが見えていると考える。 浮体式生産システムのインベントリーと受注残まずデータにより現状を概観すると、現在オフショア油ガス田に設置されている浮体式

大水深開発部門の沈滞 −− 一過性の問題か長期的な成長の鈍化か? ジム・マッコール、氏家純子

November 15, 2015

IMA/World Energy Reports は大水深開発部門の最新の 5 カ年予測を発表しました。1996 年以来 IMA が毎年行っている市場予測の第 19 号となる本レポートでは 2016−2020 年の浮体式生産システムの発注数を予測しています。最新版レポートの分析結果と結論を以下に概説します。概論我々は市況低迷とペトロブラスの凋落を一過性のものと見ている。市場の見通しは明らかに昨年よりも思わしくないが、浮体式生産システムを必要とする多数の大水深開発プロジェクトが計画されており、これらの案件に対する投資決定を下支えする長期的なフ

2019年5月号

2019年5月号

供給リスクが高まっているにもかかわらず、原油価格は粘り強い抵抗力を見せている。原油価格はここ1ヶ月70ドル台前半から半ばで推移している。ホルムズ海峡のそばで複数のタンカーが攻撃されても石油市場は動じなかった。OPEC+がイラン産石油輸入禁止を埋めあわせるという期待と世界の石油需要成長の継続が今のところ原油価格の安定を支えている。一方、2件の浮体式生産システムが開発段階に進んだ。シェブロンはメキシコ湾のAnchorプロジェクト向け生産セミサブの浮体建造ヤードを選定し、ONGCはインド東海岸沖で使用するFPSO 1基のリース契約を発注した。この他にも、WoodsideがScarboroughセミサブ浮体と係留システムのFEED業者を選定し、Husky/CNOOCのMadura MDA/MBHガスプロジェクトはバージではなくMOPUを採用しようとしており、COIDICはガーナのTerma FSRUに資本参加するための条件をまとめている。詳細を以下に示す。5月号WERで詳細を論じる。レポートのデータセクションでは計画段階にある浮体式生産システム223案件、発注済み浮体式生産/貯蔵システム48基

Download